即日キャッシングの返済方法

キャッシングの返済方法は翌月一回払いが基本ですが、最近ではリボルビング払いもできるようになっています。翌月一回払いは、キャッシングを利用した翌月の借入先が指定した期日に、借りた金額とそれにかかる利息を合わせた全返済額を振り込みや引き落としによって支払う返済方法です。一方、リボルビング払いは借入額に関係なく毎月の返済額を設定し、少しずつ時間をかけて支払う返済方法です。両者の違いは、返済にかかる日数とそれに伴って発生する利息にあります。

 

一括払いは必ず全返済額を支払わなければならない代わりに、短期間で返せる分支払う利息は必要最低限に抑えられます。また、借入から一定期間内なら金利ゼロかそれに近い低金利で融資してもらえるキャッシングも増えているので、借入れる額が少額、または翌月確実に返せると分かっているのなら、一括払いを選択した方がお得に利用できます。利用分の計算の締日や支払日はキャッシングを行っている業者によって異なるので、借入前に確認して用意しておく必要があります。

 

一方、リボルビング払いは時間がかかる代わりに月々の支払いを低額に抑えることができます。そのため、どうしても入り用だが一括ですぐに返すのは負担がかかるという状況の時に選べば、月々の生活に無理のない範囲で返済していくことができます。支払金額の最低額は借入金額に応じて変わる場合もありますが、どのキャッシングも10万円以下の少額借入なら最低数千円から設定可能です。リボルビング払いを選択しておけば、すでに借りている金額にさらに上乗せして追加融資を受けても毎月の支払額が一定になります。そのため返済計画が立てやすい反面、完済するまでにかかる利息が膨らみやすい傾向があります。また、中には残高の減少に応じて月々の支払額も減っていくスライド形式を採用している所もあります。スライド方式は一見どんどん楽になるように見えますが、月々の返済額が減る分返済にかかる日数が長引き、払う利息がむしろ増えていくので注意が必要です。リボルビング払いは、支払額が一定にせよスライド方式にせよ返済が長引くと利息が膨らみ、元金を払い終わってもなお利息の支払いが続くということがあり得ます。大抵の場合、金銭に余裕のある時に多目に支払うことで返済期間を減らせる返済方法も合わせて用意されているので、生活に無理のない範囲でできるだけ急いで返済することが賢く使うコツです。